キャッシング時の在籍確認について

近年の消費者金融事情をご存知でしょうか。今現在業界に存在する、大手消費者金融に目を向けられれば、そのどれもが、銀行が母体であることを認識できるはずです。銀行を母体にもつ消費者金融は、経営を安定させているため、安心してご利用になれます。この様な状況にあってもなお、サービスのご利用を躊躇う人がいます。その様な人は何が、サービスのご利用を躊躇させるのでしょうか。もしかすると、業者が必要とする在籍確認が原因でしょうか。たしかに借り入れ事実を隠されたい人は少なくありません。その様な人であれば、職場への在籍確認を恐れられても不思議がないでしょう。だとすれば、在籍確認の内容をしっかりと認識され、その誤解を解く必要があります。各キャッシング企業が実施する在籍確認では、その名を自ら相手に明かすことはありません。本人への取り次ぎ依頼は、担当オペレーターの個人名で実施するため、企業の名が表に出ることはないのです。この内容でしたら相手に疑いをかけられずに、在籍確認を終えられるのではありませんか。また、その場に本人が居合わせない場合でも、取り次ぎ時の会話内容から在籍確認を満たせれば、一回のご連絡でそれを終えられるでしょう。

このページの先頭へ